スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.04.23 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    SLファン必見・ヒジャーズ鉄道

    0

      マディーナから世界遺産マダイン・サーレーにむかうハイウエーの左側には、遠くにデーツの林が連なり、その手前に低い土手が走っているのが見えた。
      これがかつてのヒジャーズ鉄道の線路の跡。

      駅舎の一つに立ち寄る。
      下の写真は当時の線路が走っていた場所、そして遠くに見える建物が駅舎、その中間の少し
      高い部分は昔プラットフォームだった。枕木やレールの鉄材がみえないが、すべてベドウインに持ち去られたとのガイドの説明。枕木は薪、鉄材は健在に化けた。


      駅舎は大体等間隔に配置されていた。


      駅舎の中は涼しい。当時の乗客はダマスカス・マディーナの4日間の長旅の途中で休息した。


      マダイン・サーレーのナバテア王国遺跡から遠くに煉瓦造りの建物が見えた。

      ヒジャーズ鉄道のマダイン・サーレー操車場とオスマントルコ帝国の兵舎跡だった。

      操車場のヤードにうち捨てられた車両の残骸。


      車庫の外には車両、車輪、車軸、ボギーなどが置かれていた。

      操車場は、1993年当時サウディアラビア政府による修復工事が始まったところ。
      車庫の中ではドイツ製のSLが赤い防錆塗装中。




      ヒジャーズ鉄道について少しお話しする。


      19世紀中頃、アラビアの宗主国オスマントルコ帝国が、イスタンブールからイスラムの聖地マッカ。マディーナまでの鉄道敷設を計画し、主としてドイツの協力を得て1908年にダマスカスからマディーナまでの約1300キロを完成させた単線狭軌の鉄道である。

      本来マディーナからマッカまで延伸されるはずだった。しかし第一次世界大戦によって実現しなかった。

      それどころか有名なアラビアのロレンスの率いるベドウイン軍団によって爆破されたのは、映画ファンがよくご存知の通り。

      ヒジャーズ鉄道建設の主な目的は巡礼輸送であり、それまで炎熱の砂漠を歩いていた巡礼が、鉄道のおかげで4日間でダマスカスからマディーナまで行けるようになり、最盛期には年間3万人の巡礼に利用された。

      しかしヒジャーズ鉄道建設の、もう一つの理由はトルコにとるアラビア半島支配を確固たるものにするための兵站線確保であった。従って当時トルコからの独立を目指していたアラビア人にとっては必ずしも歓迎すべき鉄道ではなかった。

      そのようなわけでベドウインたち鉄道を襲撃したり、枕木を盗んで薪にするという事件も頻発した。

      トルコはこれらの襲撃に備え、ライフル銃座付の装甲客車まで用意していた

      第一次世界大戦後、オスマントル帝国の崩壊と共に、現在のサウディアラビア領内では破壊されたヒジャーズ鉄道は廃線となる。一方ヨルダン王国では今も健在。ディーゼル機関車が走っているのを見たこともある。

      またダマスカスを訪れた人によると、シリアでは未だに1898年ドイツ製SLが現役で使われているとのこと。また車庫にはライフル銃座付装甲客車も眠っているそうである。

      今内戦状態のシリアに行くのはお勧めではない。しかしSLファンは内戦が終結したら
      SLを見に行かれたら良い。


      シロフクロウ


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.04.23 Tuesday
        • -
        • 07:32
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        saudiに居たとき ヒジャーズ鉄道跡 も マダインサーレー も 見ておらず
        今頃 悔やんでおります
        • ひぐま
        • 2012/09/26 5:41 AM
        こちらも御同様です。
        物の本で読むと、イギリスにあるストーンヘンジと同様な不思議なものが砂漠に残っているとか、この話もジェッダに居た時サウディアラビア人から聞かされましたが、仕事の合間を盗んでの旅行ですから思うようには行かないのは仕方ないです。それでも普通の人が見ることができないモノを見ただけでも幸せかもしれません。
        • シロフクロウ
        • 2012/10/13 5:12 PM
        コメントする








           

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        ハローでつながるWEB広場

        プロフィール

        profilephoto
        人々もすなるブログといふものを、シロフクロウもしてみむとてするなり。 余は多摩動物公園に住まふシロフクロウなり。最近余をしげしげと訪ぬる男あり、写真機をたずさふ。この男余に名前を貸し賜へと請ふるにより余の名を貸したり。さてこそ余の見たる人の世の事々なれ。

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR