スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.04.23 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    デービッド神父の鹿

    0

      「デービッド神父の鹿」と言ってもご存じない方が多いだろう。

      これはこの動物の英語名称を和訳したもの。

      英語ではPere David’s Deerと言う。 中国の動物である。

      19世紀に中国にいたフランス人宣教師Armand Davidがこの動物の毛皮をフランスに送った。

      それで西欧でその動物の存在が知られるようになった。

      これが命名の由来。

      今この動物は自然界には生存しない。

      ワシントン条約ではEW (Extinct in the Wild 野生としては死滅)に指定されている。

      日本語では四不像(しふぞう)という。頭は馬、蹄は牛、体はロバ、

      角は鹿に似ているがその4つのいずれでもないと言う意味だそうだ。

      これは中国後から来た名前らしい。

      「四不像の雄。立派な角が生えている。これは去年の11月8日撮影」


      しかし中国語では麋鹿が正式名称で、四不像は俗称である。


      子供の頃この動物の話を本で読んだ記憶がある、しかし死滅したと書かれていた。

      だからもうこの地球上にはいないのかと思っていた。

      しかし、最近多摩動物公園に通うようになり、そこで実物を見たので驚いた。

      自然界では絶滅していても、動物園のような人間の保護の下では生存しているのだ。


      「冬になると角が抜ける。これは今年の1月31日撮影」


      生物学の分類では、哺乳綱、ウシ目、ウシ亜目、シカ科、シカ亜科、

      シフゾウ属、シフゾウ種という長い名前に分類される。 



      「角がヌケタと思って居たら、今年の2月25日にはまたかなり生えてきた」

      ゆっくりとしか動かず、声を出したのも見たことがない。

      変わった動物がいたものだ。

      シロフクロウ


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.04.23 Tuesday
        • -
        • 07:18
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        ハローでつながるWEB広場

        プロフィール

        profilephoto
        人々もすなるブログといふものを、シロフクロウもしてみむとてするなり。 余は多摩動物公園に住まふシロフクロウなり。最近余をしげしげと訪ぬる男あり、写真機をたずさふ。この男余に名前を貸し賜へと請ふるにより余の名を貸したり。さてこそ余の見たる人の世の事々なれ。

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR