スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.04.23 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    世界一の藤のトンネル

    0

      昨日足利フラワーパークに行った。樹齢145年の巨大な大藤などはまだ満開になっていなかったが、庭園のアレンジはすばらしく朝8時頃から午後1時までゆっくり楽しんだ。

      これはその時の一枚である。




      ところで何故私が足利フラワーパークに行ったかというと、私が深く尊敬しているバイロンさんのブログ「情報浴」

      に世界の樹木トンネルの第一位に日本のある藤のトンネルがランクされたという記事があり、「静岡県芦川フラワーパーク」と書かれていたからだ。

      インターネットで調べると芦川フラワーパークなるものは見当たらず、その代わりに足利フラワーパークが藤の名所であることがわかった。

      足利ではなく芦川と書かれていたのは外国人が日本語を聞き間違えたのだろうと想像した。

      その後、偶然スイスに住む友人からメール世界十大樹木トンネルの写真が送られてきた。




      たしかに美しい。その写真の説明では所在地がはっきりしなかった。そこには東京、静岡、岡崎、そして足利の名前が書かれていた。

      それで足利に狙いを付けたのだった。行って見ると足利フラワーパークにも長さ80メートルの藤のトンネルがあった。そのトンネルは白藤だけで出来ていて世界一のトンネルの写真のように紫藤は混じっていなかった。昨日白藤はまだ開花していなかった。


      足利フラワーパークは庭園のアレンジがすばらしく、各種の花が咲き乱れ、一見に値するすばらしい公園だった。


      しかし、世界一の藤のトンネルの所在地はわからないままだった。

      けさインターネットを再度検索した。その結果世界一の藤のトンネルがあるのは北九州市の河内藤園というところらしいことがわかった。

      それと同時に某WEBに


      という記事があり、その中に「世界一の藤のトンネル」の写真が混入していることが判った。このWEBには英訳もある。

      恐らく世界一の藤のトンネルの所在地がはっきりしなかった原因はこのWEB記事が外国に流れて日本に逆流したことによるものだろう。

      シロフクロウ

















      チーターの赤ちゃんロッククライミング

      0
        多摩動物公園では今年の1月に5頭のチーターが生まれた。
        そのうち雄雌1頭ずつキングチーターがいた。

        3月9日にこの5頭が正式にお目見えする。
        と言っても、放飼場では走り回って怪我をする危険もあり
        放飼場の横のガラス張りの展示場でだ。

        昨日は偶然そのリハーサルに出くわした。
        最初の撃ち赤ちゃんたちはは飼育員以外初めて見る人間に警戒して、
        展示場の奥の隅っこの壁際で固まっていた。
        距離が長い上に間にガラスがあるのでなかなかシャープな画像は得られない。



        母親は始め子供たちと見物人の間に立って警戒姿勢。
        そのうちに母親が動き始めると、子供たちも動き出した。
        しかしまだ余り見物人の近くには来てくれない。


        一頭の赤ちゃんが小さな岩に登ろうととりついた。

        頑張れ!

        到頭岩の上に登った。もう立派にチーターが高い所に登った時のポーズだ。

        赤ちゃんがやっと岩の上に登った時、外の放飼場では2歳年上のイトコが木に
        登ってポーズを取っていた。赤ちゃんももうすぐこうなるのだろう。

        シロフクロウ

        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>

        ハローでつながるWEB広場

        プロフィール

        profilephoto
        人々もすなるブログといふものを、シロフクロウもしてみむとてするなり。 余は多摩動物公園に住まふシロフクロウなり。最近余をしげしげと訪ぬる男あり、写真機をたずさふ。この男余に名前を貸し賜へと請ふるにより余の名を貸したり。さてこそ余の見たる人の世の事々なれ。

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR